デジタル計測器/電力監視/電力監視ソフトウェア
  電力監視ソフトウェア PMS−01 Version2.00 戻る
電力消費の監視から改善ポイントを見つけ
省エネ対策を!


特長

254台まで監視可能。

リアルタイムでの監視+日報+月報・年報作成。

3つの計測要素をトレンドグラフ表示。

蓄積データはCSVファイルでエクスポート。

画面上で、ユニットの配置、グループ化自由。

簡易アラーム機能で計測値を監視。

壁紙機能で監視画面をビジュアル的に表現。

独自の監視機能で安定通信。


対応機器(ユニット)

電子式マルチメータ QLC-110 (生産中止製品)

電子式デマンドマルチメータ DLC-110 (生産中止製品)

電力監視ユニット PMT

電力監視ソフトウェア
PMS-01カタログ
PMS-01が記載されたカタログです。 PMS_PMS_Revb.pdf
SIZE:836KB
ページ総数:4


 システム構成例

 画面構成

システム表示画面(リアルタイム監視)
ユニットは同時に3つまで計測値を表示出来、ドラッグ&ドロップでウインドウの自由な位置に配置出来るほか、関連するユニットどうしをグループとして纏めることが出来ます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます
日報表示画面
日報や月報などのデータは簡単に表形式で見ることが出来ます。データの並び替えもソフト上で可能です。
 
 


画像をクリックすると大きな画像が表示されます
ソフトウェアの機能

リアルタイム監視機能
同時に3つまでの計測要素をみることができる他、ひとつのユニットの全計測要素も瞬時に確認できます。
グループ化機能
関連性のあるユニット同士をグループ化できます。
壁紙機能
お客様がご用意された画像ファイルを、壁紙として画面に貼りつけられます。
CSVファイル出力機能
記録されている日報や月報データを、CSVファイルにて出力できます。
簡易アラーム機能
計測データが警報設定値を越えた場合にユニットの状態ランプでお知らせし、履歴を保存。
通信機能の自己監視
通信を行うプログラムを独立させ、常に監視することで高い信頼性を実現。
日報の自動整理機能
蓄積された日報が増えすぎてHDDを圧迫しないように、一定期間がすぎたデータを自動的に整理します。
最大需要値のリセット機能
現場まで足を運ばなくても、ソフト上で最大需要値のリセットが行えます。


トレンドグラフ表示画面
日報などの蓄積データを同時に3点まで選び、簡単にグラフにすることが出来ます。


画像をクリックすると大きな画像が表示されます

 用途


     契約電力をさげてコストダウンしたい
     各系統の電力消費が知りたい
     電気の効率をよくしたい
     手間をかけずに日報や月報の作成がしたい
まずは電気の使用状況の把握を!
PMS-01を使用すれば、上記のニーズを満たす電力監視システムが安価に構築できます。改善のポイントをつかめば、力率改善やトランスの交換をはじめとした対策がとれます。


  仕様

パッケージ内容

動作環境

PC: PC-AT互換機
OS: Microsoft® Windows® 98SE/Me/2000/XP
CPU: Pentium ®V 800MHz (WindowsXP利用時)
メモリ: 256MB以上(WindowsXP利用時)
HDD: 400MB以上の空き領域
CD-ROMドライブ: 1台
画面解像度: 1024×768 16bit色以上推奨
通信ポート: RS-232Cシリアル通信ポート

通信環境

伝送方式: 半二重2線式 調歩同期方式
伝送速度: 1200 / 2400 / 4800 / 9600bps
データ長: 7ビット / 8ビット
パリティ: なし / 偶数 / 奇数
ストップビット: 1ビット / 2ビット
同時通信可能台数: 254台

対応機種

QLC-110(生産中止製品)、DLC-110(ハードモデルA,B 生産中止製品)、PMT(注2)

(注2) PMTの潮流計測には対応しておりません。
CD-R 1枚  
 ・電力監視ソフトウェア PMS-01 Version 2.00
 ・取扱説明書(PDFファイル)
ソフトウェア ライセンス登録用紙





 ■
ご注文時の指定事項
 指定事項 形名、数量をご指示ください。

 形名: PMS-01


 営業へのお問い合せ  E-mail
 TEL 03-3885-2411  FAX 03-3858-3966   sales@daiichi-ele.co.jp

 技術へのお問い合せ  E-mail
    support@daiichi-ele.co.jp
戻る

PDFファイルの情報をご覧になるには、 Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をダウンロードして下さい。