発電機受電力率制御/自動受電力率調整装置
 自動受電力率調整装置 AQS−200シリーズ 戻る

用途

本装置は、受電と並列運転する発電機の無効電力をコントロールする事により、需要家側の受電域の力率を常にほぼ1に保つよう高精度のコントロールをする装置です。また、発電機が複数台設置される場合には、それぞれの発電機の無効電力を比例配分する機能も有し、別途の自動負荷配分装置(ALS‐200R)と組み合せることにより、理想的な発電機の運転状態が可能となります。

AQS-200R

AQS-200R

特長

精度の高い受電力率コントロール
発電機の無効電力を間接的にコントロールする方式ですので、受電力率を常に一定値にコントロールする事が可能です。

発電機の保護機能
発電機が許容できる無効電力の限界値を入力し、発電機が限界値を越えないようコントロールします。
このコントロールは、受電力率一定コントロールに優先します。

進相コンデンサーの入・切
本装置から進相コンデンサーの入・切をさせる事が可能で、適切なコンデンサーバンクを選定する事により、発電機の無効電力が限界値に達することなく、常に安定した受電力率コントロールが可能です。

受電力率制御不良検出
受電力率コントロールを一定回数監視し、コントロール不能な場合検出します。

運転順序外部指定
スタート指定された受電、または発電機は、並列運転されたとして配分制御を行ないます。スタート指定入力は、遮断器投入指令に合せて入力して下さい。

入力電圧、周波数範囲外検出
母線電圧および周波数が、制御範囲外において制御停止し、LEDを点灯させます。



製品カタログ/取扱説明書ダウンロード

※ 本サイトでは、当社が発売したすべての機種の取扱説明書は掲載しておりません。
ご希望の取扱説明書が見つからない場合には、ご購入先または弊社営業までお問い合わせください。

自動受電力率調整装置
形名 カタログ 取扱
説明書
AQS-200R-3
AQS-200R-5

 営業へのお問い合せ  E-mail
 TEL 03-3885-2411  FAX 03-3858-3966   sales@daiichi-ele.co.jp

 技術へのお問い合せ  E-mail
    support@daiichi-ele.co.jp
戻る

PDFファイルの情報をご覧になるには、 Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader をダウンロードして下さい。